眼科/コンタクトレンズ/ドライアイ/オルソケラトロジー/世田谷区/三軒茶屋

三軒茶屋眼科

  • 田園都市線「三軒茶屋」駅 徒歩8分
  • 世田谷線「三軒茶屋」駅 徒歩8分
  • 東京急行バス「住宅前」バス停 徒歩0分
03-5432-4517

東京都世田谷区三軒茶屋1-5-14 パラスティアイ103

WEBご相談
WEBご予約

ドライアイ

三軒茶屋眼科

ドライアイの基礎知識

ドライアイの原因は、角膜上の涙液中にある成分が欠乏して、ドライアイになります。
その成分は、油層や水層、粘液層で構成されています。
それらが欠乏する時は、テレビやパソコンなどを長時間見続けたり、エアコンによる空気の乾燥化や、コンタクトレンズ使用時に発生します。
テレビやパソコン閲覧時のドライアイは、凝視しすぎることによる瞬きの低下が原因と考えられています。
コンタクトレンズ装着時のドライアイは、ソフトコンタクトレンズによる涙液の蒸発量増加のために発症するといわれています。
近年、目を酷使する機会が非常に大奥、会社員の約30%の方がドライアイと言われており、その中でもコンタクトレンズを使用していると、その数はさらに増加傾向にあります。

ドライアイの治療

軽度のドライアイならば、目薬の処置で済みます。
目薬は、ヒアルロン酸や人工涙液が含まれているものが多く処方されます。
重度のドライアイには、涙をためる処置をとります。
その処置では、シリコン状のプラグを、涙が鼻に流れる出口に入れます。
この処置は、外来で対応できる処置です。
その他に、患者さんの血清を涙代わりに使用する『血清点眼』という処置もあります。

pagetop